WordPressのサーバー移転・引越しマニュアル

WordPressの移転作業

WordPress引越し用のプラグインやWordPressの管理画面のツール→エクスポート機能など色々と試行錯誤しましたが、画像が表示されないなど様々な不具合がありました。最終的には、コンソール(ターミナル)でmysqldumbコマンドでやるのが一番シンプルでエラーも発生しないという結論に至りました。このページでは、旧サーバーのデータバックアップから、新サーバーへのデータインポートまでのWordPressの引越し作業をできるだけわかりやすく説明しています。

旧サーバーのMysqlデータバックアップ

mysqldumpコマンドでバックアップファイルを作成

コンソール(ターミナル)で、サーバーにログイン後に下記のコマンドを実行してください。 次に、パスワードの入力が求められるので、WordPressパスワード(wp-config.phpに記載している)を入力してください。 ※Mysqlへのログインは必要ありません。 なお、①WordPressデータベース名②WordPressユーザー名③WordPressパスワードは、全てwp-config.phpに記載されています。 ※[ホスト名]のところは、通常localhostで、[出力するファイル名].sqlは、ご自由に設定してください。 例えば、①データベース名が「wp_db_name」②ユーザー名「user_name」③パスワードが「wp_pass」④出力するファイル名を「wordpress_backup.sql」とした場合のコマンドは下記のようになります。 コマンド実行後に、パスワードの入力が求められたら「wp_pass」と入力してください。 mysqldumpコマンドを実行したときのディレクトリにバックアップされたsqlデータが作られます。後でsqlデータの保存場所を忘れてしまわないように/var/www/htmlディレクトリに移動してから、mysqldumpコマンドを実行することをオススメします。

バックアップした.sqlファイルをダウンロード

ftpまたはsftpソフトで作成したファイルをダウンロードしてください。

新サーバーでデータをインポート

バックアップした.sqlファイルをアップロード

ftpまたはsftpソフトで作成したファイルを新サーバーにアップロードしてください。

Mysql(MariaDB)にログイン

新サーバーにログイン後、Mysql(MariaDB)にログインしてください。次に、Mysql(MariaDB)のパスワードを入力してください。

データベースの作成

Mysql(MariaDB)にログインできたら、バックアップしたデータベース名(wp-config.phpに記載している)と全く同じ名称でデータベースを作成してください。 例えば、データベース名が「wp_db_name」の場合は、

バックアップファイルからデータをインポート

mysqlからログアウトした状態で、バックアップファイルをアップロードしたターミナルでディレクトリに移動した後(cdほにゃらら)に、 例えば、データベース名が「wp_db_name」で、④バックアップファイル名が「wordpress_backup.sql」の場合は、下記のようになります。
アップロードした.sqlファイルを削除しておいてください!!新サーバーのMysql(MariaDB)にデータを流し込んだあとは、不要となりますし、セキュリティー上もよろしくないので削除しておいてください。

wp-config.phpに記載している内容に沿ってユーザーを追加

データベース名が「wp_db_name」ユーザー名が「hogehogeUse」パスワードが「hogehogePassword」の場合は、

旧サーバーのファイルを全て新サーバーにアップロード

ftpまたはsftpソフトで旧サーバーからダウンロードしたファイルを全て新サーバーにアップロードしてください。 移転時に必須なファイルは、 ①wp-config.php ②.htaccess ③.robots.txt ④wp-contentフォルダ 面倒がらずに、WordPressフォルダ全てを新サーバーにアップロードすれば、問題ありません。

所有者・所属グループの確認

WordPressがインストールされているディレクトリの所有者と所属グループを下記のコマンドでapacheにしてください。 パーミションと所有者・所属グループについての詳細は、 WordPressの初期設定まとめのページで確認してください。

パーミッションの確認

/var/www/html/hogehoge.com(WordPressをインストールしているディレクトリ)に移動 ファイルのパーミッションが、正しく設定されているか下記のコマンドで確認しましょう。
WordPressのパーミッションリスト
対象 推奨属性 変更するコマンド
ディレクトリ(フォルダ) 775(※755) find /var/www/html/hogehoge.com -type d -exec chmod 775 {} + 全てのディレクトリが変更されます。
ファイル 664(※644) find /var/www/html/hogehoge.com -type f -exec chmod 664 {} + 全てのファイルが変更されます(htaccessとwp-config.phpも)。コマンドを実行する順番も考えましょう。
.htaccess 604 chmod 604 .htaccess
wp-config.php 400 chmod 400 wp-config.php
共有サーバーでは、グループユーザーの権限を与えてはいけません。ディレクトリは「755」、ファイルは「644」に設定してください。 ※htaccessはドキュメントフォルダとwp-adminフォルダの2箇所にあるので注意してください。 ※パーミッション設定終了後に、念のため下記のコマンドで再度パーミッションの確認をしてください。