PHPMailerの使い方・設定

基本

参考:PHPMailerの使い方 – ITS
参考:Phpmailerでスパム回避!Gmail等のSMTPを経由するPHPのメールフォーム解説 | エス技研

2018/03/06時点での書き方サンプル

参考ページのままだとエラーになります。 本家に書いてある書き方に従ってください。

本家ページ

GitHub – PHPMailer

ポート465か587の違い

SMTP over SSLか? SMTP STARTTLSか? – Rabbit-PC

Gmail側の設定

安全性の低いアプリの許可

安全性の低いアプリのアクセスをオンにする。- Google

不審なアクセスのブロックの許可

はじめてのサーバーからの送信だと、安全性の低いアプリの許可をしていても、「不審なアクセス」として遮断される場合があります。
ちなみにエラーメッセージには「smtp error:could not authenticate」と表示されます。
その場合は、Googleのページでで「心当たりがあります」を選択しなければなりません。
参考:https://into-the-program.com/php/phpmailer-gmail.php

アップデート更新

「composer update」を使うと全てのパッケージがアップデートされてしまうので、 インストール時と同じで、以下の「composer require」を使いましょう。
バージョンはcomposer.jsonで確認できます。