フォント関連の備忘録

フォントの基本

等幅フォント(Monospacefont)とプロポーショナルフォントの違い

・プロポーショナルフォントには、書体名に「p」が入っている。
・等幅フォントは、そのまま全ての文字が同じ幅。プロポーショナルフォントは違う。
・見た目の美しさは、プロポーショナルフォントの方がよさそうだが、名刺やPDFなどの決まった枠組みの中で利用する場合、等幅フォントの方がよさそう。

TrueType(ttf)とOpenType(otf)の違い

・TrueTypeの方が旧式で、OpenTypeが新しい。
・古いアプリやOSでは、TrueTypeしか使えない場合がある。
→結論:環境が対応していれば、OpenTypeにした方が良い。
※詳しくは→TrueTypeとOpenType – フォント専門サイト fontnavi

「ProNとPron」「StdNとStd」など、フォント名に「N」が含まれている場合と含まれていない場合の違い

・Nがあれば旧字風書体が表示される。Nありが主流になりつつある。
→結論:Nありを使用した方がよい。
※詳しくは→ProとProN、StdとStdNの違い – フォント専門サイト fontnavi

IPAとIPAexの違い

参照:http://d.hatena.ne.jp/zrbabbler/20120629/1340994194
参照:http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/351601.html
2個目のリンクで、フォントの違いを画像で説明してくれている。
→結論:IPAexを使用しようと思う。

ダウンロード

以下のリンクは2015年に更新されたipaexの現時点での最新版。
http://ipafont.ipa.go.jp/node26#ja

googleのwebフォント

下記のページで要確認。 https://googlefonts.github.io/japanese/ htmlで以下のようなリンクを掲載し、 フォントを変更したい場所で以下のような感じで使います。