CentOS7でのサービスの管理設定

サービスを管理するコマンド

CentOS6までサービスの起動・停止は「service」コマンド、サービスの自動起動設定は「chkconfig」を使用していましたが、CentOS7からは、「systemctl」コマンドに統一されました。このページでは、「systemctl」コマンドの使い方を説明しています!

systemctlコマンド一覧

systemctl
サービスの起動systemctl start サービス名
サービスの停止systemctl stop サービス名
サービスの自動起動設定systemctl enable サービス名
サービスの自動起動の停止systemctl disable サービス名
サービスの自動起動設定の状態確認systemctl is-enabled サービス名
サービスの再起動 systemctl restart サービス名
systemctl reload サービス名
リロードは再起動せずに設定を反映するが、使えるサービスと使えないサービスがある。
サービスの状態確認systemctl is-active サービス名
起動しているかどうかの確認。動いていたら「active」、停まっていたら「unknwon」が返ってくる。
サービスの詳細情報の確認systemctl is-status
すべてのサービスの再読み込みsystemctl daemon-reload