MySQL(MariaDB)の自動バックアップ

概要

シェルスクリプトとcronを使って自動保存します。
参照:http://qiita.com/crimson_21/items/6171a95f8ddb2861e2e6

シェルスクリプトとは?

拡張子は「.sh
コマンドをまとめて書いて実行します。
参照:http://qiita.com/zayarwinttun/items/0dae4cb66d8f4bd2a337

設定

シェルスクリプトファイルの作成

パーミッション変更

バックアップファイル保存ディレクトリ作成

実際に作成できるかコマンドを実行して確認

成功したら、「/root/backup/mysql」ディレクトリに今日の日付のバックアップが作成されます。

メール送信

サーバーから直接コマンドでメールを送信するには「mail」コマンドを使います。またファイルを添付するときは「uuencode」コマンドを使います。

mailコマンド

CentOS7にはmailコマンドコマンドがないのでインストールします。
参照:http://qiita.com/zaburo/items/a6244d32ce5f5fe2c3d1

メールが送信されるか確認

以下のコマンドを実行 送信元を表示するには

uuencodeコマンド

CentOS7にはuuencodeコマンドがないためインストールします。 添付するコマンドサンプル

cron設定

以下追記。 再起動を忘れないようにしましょう。

gzファイルの解凍