CentOs7におけるComposerのインストールと使い方

composerをcentos7にインストール

参照:CentOS7にComposerをインストールする – Qiita

サーバーインストール手順

前提:PHPのインストール
注意:rootユーザーでcomposerコマンドは使わない。 動作確認。

パッケージの管理

参照:composerとは – Qiita
参照:PHP開発でComposerを使わないなんてありえない!基礎編 – Qiita

パッケージのインストール

プラグインをインストールしたディレクトリで、composer requireを使います。
「Failed to download from dist: The zip extension and unzip command are both missing, skipping. The php.ini used by your command-line PHP is: /etc/php.ini」というエラーが表示されて、composer.jsonが自動で作成されない場合、zipおよびunzipを以下のコマンドでインストールしてください。
すると、「composer.json」というファイルと「vendor」というディレクトリが作成されます。
composer.jsonにパッケージ情報を記載し、「composer install」でもパッケージをインストールすることもできますが、初期インストールは「composer require」を使うようにしましょう。

composer.jsonとは?

composer.jsonに、インストールしてあるパッケージとバージョンが記載されています。

vendorディレクトリとは?

vendorディレクトリ内にパッケージが保存されています。

パッケージのアップデート

参照:composer install と composer updateの違い – Qiita

パッケージの削除

パッケージをPHPで実際に使う

vendorディレクトリへのパスは随時設定してください。

このページの関連ワード