404ページ 備忘録

htaccessの注意点

相対リンクで書くこと

必ず相対リンクで以下のような感じで、記述しなければならない。

ダメな例(絶対リンク)

404.phpの書き方

phpの先頭に記載

先頭に以下を記載しておくことで、直接404ページにアクセスした場合でも、 ステータスコードを404にしてくれる。

アドセンス

アドセンスを404ページでは表示してはいけないので注意。 状況によっては、以下のようにしてもいいかも。

getのエラー処理

下記のような感じ。

ブラウザ

ブラウザでステータスコードが404になっているのかの確認

Chromeで「開発」→「ディベロッパーツール」を開いて、「Network」を確認する。
※その状態でURLを開く(またはリロードする)と、該当ページのステータスコードが表示される。